スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター時代の選挙報道

logo.png


昨日の参議院議員選挙、結果を見て
ほぼ予想通りだった。

それでも一応、一国民として興味はあったので
昨晩から各テレビ局の選挙報道を見てたのだが、
その中で一つ気になるチャンネルがあった
(あえてどこの局とはいわないが…)。

視聴者が選挙に関する意見をテレビ局に送りたい
のであれば従来だったらFax、最近では
メールが一般的であるが、今回は様子が違った。
ハッシュタグ(あらかじめ一つのテーマについて
取り上げるツイッターの機能の一つ)を使って
ツイッターでのつぶやきを取り上げていたのだ。

さらにもっとつぶやきを見たい場合は
地上デジタル放送のデータ放送で詳しく見ることが
出来る。ここはなかなかうまく活用している。
もちろんパソコンや携帯を使ってみる人には
それで見れば良いので不要な機能なのかもしれないが
(実際自分はMacやiPhoneでも見ていたし)、
特にテレビが情報源の中心である人にとっては
国民(少なくともツイッターを使っている人)の声を
聞けるという意味においてこれは画期的な機能だろう。
今まで自分が考えもしなかった意見もあれば、
単に愚痴でしかないようなつぶやきまで玉石混淆であるが
そういう面も含めて積極的に活用すべきだと思った。

ちなみに他の番組でもツイッターを活用している
ものはあったのだが、政治家のセンセイのつぶやきだけを
とりあげただったり、また別の番組はというと、女子アナの
つぶやきだったりと「?」と首を傾げてしまうものばかり。
これではテレビに出ている専門家たちがしゃべっているのと
なんら変わりはない。

従来のメールなどの手段と違って気軽に投稿できる点に
おいてはこれほど敷居が低い手段はないと思う。
そういう点においては、最も生の声を反映しやすい手段では
ないかと思う。


…かくいう自分はまだ使っていないので、
自分もこれを機にツイッターを始めてみようかな。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。