スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone 3Gと、iOS4と。

DSC_0217.jpg


昨日は朝からiPhone 4発売、そして深夜は
デンマーク戦といろいろあった1日だった。
まあ、サッカーは今朝のニュースで知ったし、
iPhone 4も手に入ってないし…
あんまり関係ないですね(笑)

では、本題に入りますが、
iOS4が21日からダウンロード出来るようになったので、
今更ながら自分のiPhone 3Gに入れてみました。


まず、いろいろ調べたところiPhoneの中身を
なるべく空にしてからアップデートした方がいい
という話を聞いて、必要なデータをMacの方に移動。
その後、復元(購入時の状態に戻す)してみた。

hukugen.gif
「復元」ボタンをポチっとな。

iOS4がダウンロードできるようになった21日は、
半日かかった人もいるというが、
ものの15分程度でダウンロード、復元作業も含めれば
1時間もかからずに終わった。あっけない…

IMG_0001n.jpg
水滴の壁紙。これがホームスクリーンでも使えれば…

IMG_0002n.jpg
一番下のDockも今のMac OSと同じデザインに。


では、engadgetの記事をもとに
iPhone 3Gで出来ること、出来ないことをレビュー。


<出来ること>

・フォルダ機能
これは便利!
1つのフォルダに12個のAppが入れられる。
今までたくさんのAppを入れてごちゃごちゃになってたが
これで使わない純正App(株価とか)も整理できる
(純正Appは消すことができないので)。

IMG_0008n.jpg
フォルダの名前も自由に変更できる。

・メールのスレッド化
メッセージをスレッドで管理することが可能に。
あんまり使わないのでとりあえずパス。

・iTunesのプレイリスト作成と編集
あんまりiPodとして使わないので…。

IMG_0011n.jpg

・5倍デジタルズーム
すでにAppでズーム可能なものもあったが、
標準でつけてくれたことはありがたい。
ってか今更?という感じもするが。

IMG_0007.jpg
画面をタップすると、ズームバーが出現。

・iBooks
iPhoneで使えるようになり、ePub形式に加え、
PDFもサポート。
しかし、PDFもページめくりできたらいいのに。

IMG_0009n.jpg
使えるけど、やたら重く感じる。


・写真関連;アルバムのソートやイベント、顔認識、場所
MacのiPhotoでできた機能をiPhoneでも実現。
これで写真の管理もしやすくなる。

IMG_0013n.jpg
撮った写真をマップで表示できる。

・スペルチェック
メモやメールで英語を入力するときに、
スペル間違いを指摘してくれる。
英語は多少使うので、ありがたい機能。

IMG_0014n.jpg
正しいスペル候補を表示してくれる。

・ユーザー辞書
ついに登録できるようになった!
これでいろいろな単語が一発で出せる。

IMG_0015n.jpg
なんと、キーボードには顔文字も追加!(左下)


<出来ないこと>

・マルチタスク
やっぱり3Gのメモリ128MBでは無理だったようで。
欲しかった機能の1つだったのだが…。

IMG_0012n.jpg
iPodの操作も以前と変わらず。

・スクリーンロック
これもiPadを使っていてありがたみが分かった機能。
寝転がって使うときにいちいち画面が回転するから、
つけて欲しかったなー。

IMG_0012.jpg
これくらいつけられそうな気もするが(写真はiPad)。

・ホームスクリーンの壁紙変更
これをできるようにすると
操作が相当もっさりする、らしい。

・Bluetoothキーボードのサポート
個人的にはあんまり使いそうにないんで、
欲しいとは思わなかったが、結構必要な人はいそう。

DSC_0221.jpg
こんなイメージ?


結論としては、
iPhone 3GにiOS4はアリだと思う。
以前(OS3.1.3)と比べて思ったほど重さを感じない。
しかし、やっぱりiPhone 4で全ての機能を使いたい!
結局7月後半のホワイトモデル待ちですかね…


スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。