スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新MacBook Proから考える1週間後とその先の未来

フランス旅行から帰ってきました。
時差ボケが激しく、寝たいのに全く眠れないことを
誤魔化すかのようにこれを書いています。。。


まあ、この1週間異国の地で過ごしていたわけで、
日本に帰ってきていろいろニュースを見ていると
知らないことだらけ。まさに浦島太郎状態。

そんな情報のひとつが
MacBook Proのサイレントアップデート。

そこでネットを駆使して一気に情報を集めた。
SandyBridgeの搭載、グラフィックの強化などいろいろと
アップグレードされているようだ。

そんななかで考えさせられるものを2つ。

題字の1週間後というのは、FaceTime HDの話。
従来のFaceTimeよりも解像度が上がった。
このタイミングでFaceTimeのアップデートということは、
3月2日(日本時間3月3日)のAppleスペシャルイベント
「Come see what 2011 will be the year of. (2011年がどのような年になるか見に来てください)」
(おそらく次期iPadの発表)
では、このFaceTimeをiPadに搭載する、
つまり次期iPadにはフロントカメラがつくのでは?
これによってiPhoneのようにテレビ電話のように
iPadを使うことができるのでは?という
妄想が膨らんでくる。ますます便利になりそう。

さらに先の未来の話として注目したいのは、Thunderbolt。

もちろん「Light Peak」というコードネームで
噂にあがっていたので、既に知っている方も
多いとは思うが、あえて簡単に説明すると
AppleとIntelが共同開発した新技術で、
新しいI/O。速さは10Gbps。

…と言われても想像しにくいだろうから
小難しい説明が面倒な人のために極端に言えば、

「フルHDの映画一本を30秒で外付けハードディスクに転送できる」

ぐらいの速さ。
つまりはUSBなんか霞んでしまいようなくらいものすごーく
高速なもの、とでもいえばいいのだろうか。
こんな説明なら「普段iPhoneは使っているけど、
パソコンに関しては初心者」な人にもスゴさが分かって
頂けるのではないだろうか?

つまりは映像のデータ転送なんか簡単に素早くできてしまう
わけで、また、ディスプレイも高解像度なものを
複数台使えるようになるわけ。まさにProという名に
相応しいインターフェイスではないだろうか?

ま、そういうからには買うのか?と聞かれれば、
使う用途を考えると、映像制作など負荷のかかる
コンテンツは滅多に扱わないので、
むしろ道具として徹底的に使い込めそうな
Macbook Airをまず買おうと思っているのだけれども…。

しかし、Proには未来が感じられるのだ。
まさに「イノベーションに満ちたノートブック」。
次のアップデートまでにどれだけ普及させられるかが
鍵となるだろう。それ次第で買おうかどうか決めたい。


それにしても2011年もAppleは何かいい意味で
いろいろとやってくれそうだ。

スポンサーサイト

Tag : Apple MacBook Pro iPad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。