スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングMacへの道(後編)

以前のエントリ(前編)から約半年…
Apple Remoteで操作するのは便利だけど、
いざMacBook本体で操作する時になって
いちいち本体を開いて…というのはやはり面倒だと思い、
前回購入を見送っていたBluetoothキーボード・マウスを
購入することにした。

なんだかんだでいつも純正を買ってしまう性分なので…
今回もApple Magic MouseApple Wireless Keyboard(US)を手に入れました!

IMG_0312.jpg
↑最近の外箱はシンプルでいい。エコだから?


まずはキーボード。
以前から購入を検討していたが、昨年のiMacのアップデートに
伴い使用電池数が3本から2本となったこと、価格が
3,000円オフの6,800円とお買い得になったことから
今回購入に踏み切った。

IMG_0310.jpg
↑新型Apple Wireless Keyboard。US版がキレイ。

薄いのでキーストロークが浅いが、普段MacBookを使っているのでそうは気にならないし、何より軽いのがいい。
デザインもシンプルでかなり気に入っています。
US版にしたのはデザイン。JIS版はひらがながあって
ごちゃごちゃしているからあまり好きじゃない。
でもJISの配列のままデザインを変えたいならば、
『JISキーボード(日本語)モデル かな無しバージョン』カバー
がパワーサポートから発売されているのでそちらがいいだろう。

同時購入したパワーサポートのキーボードカバー
汚れやホコリ防止のためではあるが、
本当の理由はMacBook Kuroと色を揃えたかったからw


次にマウス。
リビングMacにしようと思った半年前は
Mighty Mouseが出ていた頃で、Wireless Mighty Mouseは
9,800円だったので購入を見送った。
しかし、先頃発売されたMagic Mouseは6,800円とこれまた
3,000円オフになっていたので今回購入することにした。

IMG_0311.jpg
↑Magic Mouse。これまたシンプルなところがいい。

スクロールはマウス上面を指でなでるようにして動かすが、
これまた反応がよさげな感じ。
デザインにも未来を感じる。
このタイミングに買っといてホントよかった!


これでケーブル類もかなり省略することができ、
以前のような見苦しさがなくなった。

IMG_0309.jpg
↑これぞリビングMac完成形。


と、いうことで長かったリビングMacへの道は
これでひとまず完成しました。
今後またいろいろ便利な環境を構築したら
またエントリしたいと思います。


関連エントリ
More Apple「MacBookをフルHD24inchディスプレイに接続」
CoaCoa「US気分なJISキーボードカバー」

スポンサーサイト

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。