スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

torneの進化(真価)をみた

いやぁ、悔しいですね。昨日のワールドカップ。
まさか、PKで涙をのむとはとは…。


その話題にも少し関連するのだが、
29日、「torne(トルネ)」ソフトウェアVer.2.00が
リリースされたのでレポートしたいと思う。

まずアップデートするにはPS3本体のシステムを
Ver.3.40にする必要がある。
そのため、PS3をインターネットに接続。

ちなみに、Ver.3.40の主な新機能は
・動画編集機能が追加
・Youtubeなどへのアップロードが可能
・定額制ネットワークサービス「Playstation Plus」に対応
だそうだ。

正直、これらの機能が欲しかった訳ではないが
(PS3で動画編集する気なんて一切ない)、
本体をアップデートしないとtorneをアップデート
できない仕組みになっているので仕方がない。

そして肝心のtorne Ver.2.00だが、主な機能追加は
・「3倍モード」による長時間録画
・追いかけ再生機能
・「トルミル情報」の強化
である。

他にも様々な改善項目があるが(詳細はコチラ
やはり一番の注目は、上に挙げた
MPEG-4 AVC/H.264での長時間録画だろう。
これは発売当初から切望されていた機能の一つで、
ようやく実現した、という感じがする。

IMG_0021.jpg
通常だと22GBかかる番組が、3倍モードで6GBになった
(NHKのウィンブルドン)。

録画したものを見てみても、通常のDRモードと遜色ない。
torneでは再生時に映像のジャンル毎に最適化された
アップコンバート機能とノイズリダクションを
かけているらしいが、これによるものなのだろうか?
テロップなどは時々ブロックノイズが目立ちはするが…。


ところでなぜこの時期のアップデートだったのか?
やはりなんとかワールドカップに
間に合わせたかったという思いがあるようだ。

以下は開発陣へのインタビュー記事からの引用だが、
ワールドカップへの並々ならぬ思いが伝わってくる。

 例えばワールドカップを快適にご覧いただきたいということもありましたので、「芝」の映し出される映像など、サッカーの視聴にもふさわしくなるよう追い込みました。それにしても、サッカーの映像は「芝」と「紙吹雪」が難しかったですね。スタジオの観客席を遠景で撮ってパンした映像など、厳しい素材でした。

“torne”発売から「約3ヶ月」の開発期間で実現したファームウェア「Ver.2.00」の中味とは Phileweb


いや、スゴい。
torneの開発陣が今回のアップデートに
相当力を入れていることがうかがえる。
そりゃ、ソニーはワールドカップの
公式スポンサーだもんな(笑)
しかし、このtorneはソニー本社にも協力を
仰ぎながらやっている、という点については
評価できるところ。
こういった横断的に協力体制ができるというところが
今の日本のメーカーに足りないのではないだろうか?
こういう点に関して強いのがやはりAppleなのだが。

IMG_0027.jpg
torneの"o"の中にサッカーが…ここにもこだわってるのか?
(見にくいかもしれないが)


今回のアップデートで、torneがさらに使いやすくなった。
こんなに気軽に使えるHDDレコーダーは他にないと思う。

あとは、自動的にiPhoneやiPadに入れられるように
なったらいいな…


スポンサーサイト

ヘッドホンを買ってみた(AKG K404)

iPadゲットまで残すところ1週間。

まだ手に入れてもいないのに今から使い方に関して
あーでもないこーでもない、と現在絶賛妄想中ですが…


ふとiPadでビデオを見ることを考えたとき、
使えるいいイヤホンorヘッドホンはないものか、と。

特に最近お気に入りだった
Apple In-Ear Headphones with Remote and Micを
不覚にもなくしてしまった(!!)ということもあり、
急いでヘッドホン探しを開始したわけです。

条件としては…
・遮音性に優れている(外で使いたいので)
・コンパクトで持ち運びしやすい(大げさなのはいらない)
・音に関してはこだわっていない(そんなにいい耳持ってない)
・価格は抑えめで(1万円以上はちょっと…)

といったカンジで何かいいものはないだろうかと
ネットなどの評価をもとにいろいろ探した結果…

AKG K404(¥4,480)

を購入することになった。


AKGといえば海外の有名なヘッドホンメーカーの一つで、
最近は「けいおん!!」で話題になってたなーという印象。

ようするに初AKGってなわけで、
一度は使ってみたいと思っていたところ。


そんなK404が今日届いたので早速レポ。

デザインは古くさい感じがする。コードが灰色って…
価格comでも、学校の放送部にあるような~って言われてた。
でも逆にこういうレトロなカンジは意外といいと思う。

装着感に関しては問題ない。ちゃんとフィットしている感じで、
つけてて痛いということもなし。
音漏れも特に問題ないレベルだと思う。

IMG_0364.jpg
↑意外と好きなデザイン。AKGって書いてあるのもいい。


持ち運びに関しては申し分ない。
軽いし、折り畳めばこんなにコンパクト。

IMG_0365.jpg
↑「3D-Axis機構」なるものにより、折りたたみ可能。

IMG_0366.jpg
↑付属のキャリングポーチに入れれば持ち運びも便利とか。


音に関してはシロウトなのであまり詳しいことは言えないが、
低音がよく聴こえると思う。
不自然だったり大げさなBassが効いているって感じじゃなく。
中音は抜けるような感じ?高音は弱いかな?
どっちかっていうとクラシックとか聴くより、
ロック・ポップス向き?
まあ買ってすぐに聴いたんで、
しばらくエージングが必要だとは思うが。

IMG_0367.jpg
↑iPod classicにつないだところ。斉藤和義がマイブーム(笑)


全体的には、この価格帯でこれだけのパフォーマンスだったら
申し分ないんじゃない?と言えるレベルだと思う。
iPodなどポータブルプレーヤーには最適なんじゃないかな?
コストパフォーマンスの高い製品だと思いました。

気が向いたら後日追加レポートということで。

torne買ってみた

ここ最近はいろいろ予定がたてこんでいて
なかなかブログを書く余裕がなかったです…。

久しぶりの更新はMacやiPhone以外の話題から。


さて、話は2週間前に戻る。

発売前から注目はしていた(しかし発売日には買わなかった)
PS3専用地デジレコーダーキット「torne(トルネ)」。

しかし気になってネットでいろいろ調べるうちに
やはりどうしても欲しくなってきた。

だが、時すでに遅し。。。

あまりの人気のせいでどこに行っても売り切れ。
ネットで探しても定価以上の値段
(12,000円で買うものか!!)。
これではさすがに買う気がしない。

で、何日か待っていたら、Amazonで売り出し中を発見。
定価どおりの9,980円で売っていたが、
これ以上は待ちきれないと思い、購入に踏み切った。

早速中身をみてみると…
・チューナー(地デジのみ、BSも欲しいところ!)
・B-CASカード(悪名高き?)
・USBケーブル
・アンテナケーブル
・torneソフトウェア
・説明書
と、まあこんな感じ。接続も簡単そう。


IMG_0336.jpg
↑箱もなかなかシンプル。


予想通り接続はいたってカンタン。
まずチューナーにB-CASカードをセット。
そしてチューナー背面にアンテナ入出力を、
前面にUSBをPS3につなげるだけ。
デザイン上、前面にUSBというのはちょっと不満だが…。


IMG_0334.jpg
↑チューナー部。録画中は赤く光る(普段は緑色)。


あとはtorneと一緒に購入したBUFFALOの外付けHDD
「HD-CL1.0TU2」をPS3につなぐ。これで接続は完了。
あとはtorneソフトウェアをインストールし、完成。

これでホコリをかぶっていたPS3も活用できるぞ、と。
テレビもBraviaだし、いつの間にか
テレビ周りがSONY製品だらけになってしまった(笑)


IMG_0335.jpg
↑PS3(初代)とtorne、そしてHD-CL1.0TU2。


少し使ってみてわかったのは
わかりやすいユーザーインターフェイス(UI)と
ストレスを感じさせないスピード感。
こういうところは美しいGUIを採用している
MacやiPhoneと同じようなものを感じる。
説明書がなくてもコントローラー一つで
操作が簡単にできるところも評価できる。
一目で気に入った!


IMG_0337.jpg
↑UIの美しさにホレた(笑)


ということで、やっと地デジ録画環境は整った。
なんとか2011年をしのげそう。
詳細な使用レポートなどはまた後日。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。