スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震について思うこと

今日で1週間たちました。まずは、この災害により影響をうけた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

1週間様々な情報を集め、いろいろなことを考えさせられました。このかつてない未曾有の危機の中で、改めて日本人の道徳心の高さを認識するとともに、様々な所で物資はもちろんのこと、正しい情報が行き渡っていないことを痛感しました。特に原発については、日本人が経験したことのない出来事であり、また、危険性のあるその物質が目に見えないものであることも重なって、より恐怖と不安に感じてしまうと思います。自分も含めて。

そんな中で、遠くの地で何の被害も受けていない自分にできることは何かないだろうかと考えました。
例えば、ボランティア。これははっきりいって無謀というより無駄なのではないでしょうか。何もできないし、はっきりいって被災者に迷惑をかけてしまう。今はそんな時期ではない。自衛隊やNGOなど、プロに任せた方がいい。
例えば、物資の援助。しかし、被災者が本当に欲しいものを果たしてきちんと送ることができるのだろうか。それをしようと思って、電池などを買い占めることは絶対にあってはならない。もちろんパニックによって買い占めが続くことも。

…そういろいろ考えていくと、今できることは限られているように思う。しかし何かできることがあるはず。
そこで今すぐにできることからやってみることにした。
まず、募金。それもただ漫然と募金するのではなく、自分で情報を集め、しかるべきところに確実に届くようにする。そういった情報を集めるためには、様々な角度から情報を集め、自ら判断することが大切だと思う。新聞、テレビは情報のソースとしてはいまだに重要なウエイトを占めていると思うが、どうもパニックをあおるような情報が溢れていて残念だ。そこで情報のソースとして、twitterを始めることにした。twitterは今回の震災でかなり注目されたみたいだ。少ないパケットで送るため電話やメールよりつながりやすく、また情報の広がりが早く大きい。早速iPhone上で使ってみることにした。インターネットやソーシャルメディアも玉石混淆であるが、そういった様々な方面から集められる情報を、ただ受動的に信じるのではなく、自分で取捨選択して自分で判断することがこれからますます重要になってくるだろうと思います。
それと、twitterもそうですが、いわゆるソーシャルメディアの力を今回身近に感じることができました。Googleパーソンファインダー(http://goo.gl/sagas)という人探しのサイトがありますが、この手入力作業が追いつかないということで、ボランティアを募集しているという情報をtwitterで知りました。そこで早速自分も参加してみることにしました。こういったことで少しでも被災地の人が助かれば、という思いから。
協力したいという方はこちらから↓
http://googlejapan.blogspot.com/2011/03/blog-post_17.html

長々と書いてしまいましたが、今自分にできることは何かを各々で慎重に考えるべきだと思います。ただ周りに流されるのではなく。

スポンサーサイト

Tag : 地震 原発 twitter iPhone

フランス旅行記1~成田からフランスへ

この2月の中旬、プライベートでフランスに行ってきました。遅ればせながらその時の写真とともに、旅行中に気づいたこと、面白かったことなどを不定期で紹介していきたいと思います。


まずは、成田空港にて。時間があったので、空港内をまわってみると、無料のWi-Fiスポットを発見。早速iPhoneで使ってみた。自分の他に2、3人外国人がPCで何か作業をしていた。やはり空港内でも無線LANのニーズは高いようだ。

110308-1.jpg
簡単に接続することができた。

速度はこんな感じ↓
110308-2.jpg
無料にしては速い方だと思う。


出発は夜10時過ぎの最終便だった。ここからは約14時間のフライト。ヨーロッパには初めて行くことになるので、とても長く感じる。日本とフランスとの時差は8時間なので、ほとんど昼夜逆転と言っていいのかもしれない。この長い時間をどうやって過ごそうかと思い、備え付けのタッチパネルで映画を見ることにした。

110308-4.jpg
サイズがiPadくらい。操作性はあまりよくないけれども。


そして長い長いフライトをへて到着したのは朝4時。眠い目をこすりながらシャルル・ド・ゴール空港に降り立って最初の感想は…とにかく広い!そして近未来的で幾何学的な建物である。こういった建物が1974年に建てられたというのだからスゴいと思う。こうして今でも先進的に感じられるのだから。

110308-3.jpg
なにか宇宙ステーションにでもいるかのような感じがする。

あと気づいたのは、待ち合い席の至る所に結構な数の電源が用意されていること。これはiPhoneとiPadを持ってきていた自分を含め、モバイルユーザーにはうれしい配慮だ(実際にPCを広げている旅行者も少なくなかった)。


そんなド・ゴール空港とは早々に別れを告げ、そこから再び飛行機に乗って南仏ニースへと旅立つのであった…(続く)

Tag : iPad iPhone 海外 旅行 Wi-Fi

新しい使い方から使いやすさへ…iPad 2登場

hero_title_20110302.jpg

hero_subhead_20110325.jpg
ipad2_hero2_20110302.jpg


初代iPadは新しいコンピュータの使い方を教えてくれた。
iPad 2はそれをより身近でさらに使いやすいものにしてくれるだろう。

3月2日(日本時間3月3日)、Appleスペシャルイベント
「Come see what 2011 will be the year of. (2011年がどのような年になるか見に来てください)」が開催されたので、その基調講演を公式サイトで早速見てみた。そのときの感想を一言で表してみた。

追記:
基調講演はApple.comおよびPodcastで見ることができます。それぞれリンクを貼っておきます。


予想通りiPad 2づくしの発表であり、それがどんなものであるかは想像しやすかった。

より上がったCPU性能(Apple A5チップはなんとデュアルコア!)、グラフィック性能はもちろんのこと、さらに軽く(680gから600g)、薄くなった(13.4mmから8.8mm)ということ。これはiPadが重くて使いにくいという声があったから当然だろう(まあここまで薄くできるのは本当にすごいことなんだろうけど)。
そして、フロントカメラとリアカメラがついて、FaceTimeが使えるようになったこと。あとはiMovieがiPadで使えるようになったこと。これらはiPhoneですでに使えているから、より画面の大きいiPadで使いたいという要望からあってもいいと思う。
ここまでは想定の範囲内。

しかし、その中でもやはり驚きはいくつか存在した。

まず、最初にCEOであるSteve Jobsがいきなり登場。
あれ、病気療養中じゃなかったんじゃ?
そして黒白2色展開することについて一言。
「白も初日から買えるから(笑)」
次期iPhoneでも買えるように頼むよ、ホント…。

次にSmart Coverという新しいiPad用のカバー。
磁石をつかってカバーをとりつけるという、シンプルすぎる発想には驚いた。かなり使いやすそうにできている印象。

110303-1.jpg
磁石でパチッとはめる。使いやすそう。


さらにGarageBandのスゴさ。
もしかしたら今回一番スゴいアプリの登場じゃないかと思う。まるでいくつかの楽器が本当にiPadの中に入っているよう。

110303-2.jpg
ミュージシャンはもう要らない?


日本では3月25日発売だそうで(アメリカでは3月11日)、早速買う準備をしなければならないな…。
果たして2011年はiPad 2の年になるだろうか?


あと、ビデオを見ていたらふとあの人物が…

110303-3.jpg
日本のSteve Jobs?(笑)

Tag : Apple iPad

新MacBook Proから考える1週間後とその先の未来

フランス旅行から帰ってきました。
時差ボケが激しく、寝たいのに全く眠れないことを
誤魔化すかのようにこれを書いています。。。


まあ、この1週間異国の地で過ごしていたわけで、
日本に帰ってきていろいろニュースを見ていると
知らないことだらけ。まさに浦島太郎状態。

そんな情報のひとつが
MacBook Proのサイレントアップデート。

そこでネットを駆使して一気に情報を集めた。
SandyBridgeの搭載、グラフィックの強化などいろいろと
アップグレードされているようだ。

そんななかで考えさせられるものを2つ。

題字の1週間後というのは、FaceTime HDの話。
従来のFaceTimeよりも解像度が上がった。
このタイミングでFaceTimeのアップデートということは、
3月2日(日本時間3月3日)のAppleスペシャルイベント
「Come see what 2011 will be the year of. (2011年がどのような年になるか見に来てください)」
(おそらく次期iPadの発表)
では、このFaceTimeをiPadに搭載する、
つまり次期iPadにはフロントカメラがつくのでは?
これによってiPhoneのようにテレビ電話のように
iPadを使うことができるのでは?という
妄想が膨らんでくる。ますます便利になりそう。

さらに先の未来の話として注目したいのは、Thunderbolt。

もちろん「Light Peak」というコードネームで
噂にあがっていたので、既に知っている方も
多いとは思うが、あえて簡単に説明すると
AppleとIntelが共同開発した新技術で、
新しいI/O。速さは10Gbps。

…と言われても想像しにくいだろうから
小難しい説明が面倒な人のために極端に言えば、

「フルHDの映画一本を30秒で外付けハードディスクに転送できる」

ぐらいの速さ。
つまりはUSBなんか霞んでしまいようなくらいものすごーく
高速なもの、とでもいえばいいのだろうか。
こんな説明なら「普段iPhoneは使っているけど、
パソコンに関しては初心者」な人にもスゴさが分かって
頂けるのではないだろうか?

つまりは映像のデータ転送なんか簡単に素早くできてしまう
わけで、また、ディスプレイも高解像度なものを
複数台使えるようになるわけ。まさにProという名に
相応しいインターフェイスではないだろうか?

ま、そういうからには買うのか?と聞かれれば、
使う用途を考えると、映像制作など負荷のかかる
コンテンツは滅多に扱わないので、
むしろ道具として徹底的に使い込めそうな
Macbook Airをまず買おうと思っているのだけれども…。

しかし、Proには未来が感じられるのだ。
まさに「イノベーションに満ちたノートブック」。
次のアップデートまでにどれだけ普及させられるかが
鍵となるだろう。それ次第で買おうかどうか決めたい。


それにしても2011年もAppleは何かいい意味で
いろいろとやってくれそうだ。

Tag : Apple MacBook Pro iPad

海外に行くにあたっての準備をする

またまた更新が滞りがちなのだが、
先日、自分の中で大きなことが終わった。
そんなころもあってか、海外に行くことになった。
今回の旅行先はフランス。海外旅行も久しぶりなので、
前もっていろいろ準備をしなければならない。
もって行くものはiPhoneにiPod、カメラと…
などと考えていくなかで、コンセントの形状が違う、
という最も重要なことに気がついた。

そこでこれを注文することにした。



通常の日本製品は100Vしか対応していない。
よってプラグの形状を変えるだけではダメで、
変圧器を買わなければならない(これが高い!)
しかし、Apple製品は100-240Vに対応しているので、
プラグの形状を変える変換器さえ買えばよいのだ。
当初はApple純正のワールドトラベルキットを買おうかと
思ったが、今回買ったものはひとつで世界中のあらゆる
コンセントの形状に対応しているという。まるで
「トランスフォーマー」のように変型合体するのだ(笑)
評価もまあまあいいので買ってみることにした。
まだ届いていないので使用している写真はまた後ほど。

ちなみにワールドトラベルアダプタキットはこちら




フランスに行ってさっそく試したいと思う。

Tag : Apple iPhone 海外

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。